pagetop
ご予約お問い合わせ
大家歯科 診療時間

〒662-0863
西宮市室川町5-26 竹谷ハイツ105

診療科目

医院紹介

医院風景

外観

受付

待合室

歯科用CT

チェアー

デジタルレントゲン室

待合室に大画面モニヤーを設置しています

待合室モニター

待合室モニター

大画面のモニターを設置しています。

ここでは当院での診療内容や、設備のご案内をはじめ、ムシ歯の起こる様子や歯周病のくわしい進行の様子などを説明しています。

一編約25分で繰り返しています。

インフォームドコンセント

各診療台にモニターを設置

診療を始めるにあたって、お口の中の状況を把握し、それを説明して理解していただき、そのうえで治療方針を決定していきます。

そのために、各診療台にモニターを設置しており、患者さまのお口の状態や治療経過など、詳しく説明いたします。

また患者さまの症状やお悩みなどもじっくりお伺いさせて頂きます。

リアルタイムで写し出して十分な説明を行う

撮影したレントゲンや口腔内カメラで撮った写真をリアルタイムで写し出して十分な説明を行うことを心がけています。

安心して治療を受けられる医院環境を

オートクレーブ

オートクレーブ

当院ではオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用しています。

高熱には耐えられないプラスティック製品などはグルタラール製剤により化学的滅菌を行っています。また、滅菌バッグにより個別の対応を完璧にしています。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

各チェアサイドには口腔内バキュームを設置しています。

歯の治療の際に、口の外に飛び散る歯の粉・水滴などをこちらの装置を使って吸い込み、院内を清潔に保つことを心がけています。

AED(自動体外除細動器)

AED(自動体外除細動器)

当院では、AED(自動体外式除細動器)を設置しています。

いつ誰の身にでも起こりうる心停止は、心臓がけいれんする心室細動によるものがほとんどで、この心室細動を除去する装置がAEDです。

歯科用CTを導入しています。

歯科用CT

歯科用CTとは

近年開発された歯科に特化したCT撮影装置で、コーンビームCTとも呼ばれています。歯科用CTの撮影は、コーンビームが1回転するだけなので、撮影時間が10秒足らずと短く、被ばく線量も医科用CTに比べて8分の1から50分の1と少なくて済みますし、高画質で繊細な画像を得ることができます。


従前のX線と比べて

2次元の平面的な画像でしたが、CTでは3次元の立体的な画像で診断ができるため、骨の形や密度、神経の走行状態、また歯の根の先の病巣の位置や大きさなどが正確に把握できるようになりました。これは安全性の高い治療につながります。

根管治療

根管治療

CT画像により、神経の入っている歯の根の数、形や方向を正確に知ることができます。また、歯ぐきが腫れた時に原因の場所もわかりやすくなり、診断に役立ちます。

インプラント治療

インプラント治療

インプラントを埋入する部位の骨の状態(骨質、厚み、高さ、形態)や神経や血管の走行がわかるので、診断が正確になりました。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病は、細菌感染で歯を支える骨が融けてしまう病気ですが、この骨の状態を立体的に知ることで、正確な診断ができ、治療計画を立てやすくなります。

智歯(親知らず)

智歯(親知らず)

智歯の位置はさまざまで、形や根の方向や曲がり具合など、3次元でなければ把握できない情報が多くあります。神経の走行を正確に知ることもできるので、開業医で抜歯ができるかどうかも含め、安全性が高まりました。